最近よく聞くPSEマークとは?

一般的に、家庭用コンセントの電圧は100Vです。

このコンセントに繋いで使用する電気用品に付けられているのが、「PSEマーク」というものです。
「Product Safety Electrical appliance & materials」の略で、電気用品安全法という、電気製品による火災や感電から使用者を保護する目的とした法律に基づいたものです。

電気製品を製造する時も、輸入する時もこのPSEマークの基準に達していることが義務付けられているので、消費者は、PSEマークの有無を確認することによって、最低限の安全は保障されるということになります。

PSEマークには2つの種類があります。

特定電気用品に分類されるものはひし形に囲まれたPSEの文字で、それ以外の製品は丸で囲まれています。
特定電気用品とは、電気用品の普段目に入るところには出てこない部品や、下手をすると命に関わりかねない電気マッサージ機、給湯器などの大型の電気製品などが分類されていて、工場監査など、高い審査が求められます。

それに比べて丸型の方は、扇風機や電気カーペット、冷蔵庫など、身近にあるものは大体こちらに該当します。

通信販売の商品ページによく「この商品は危ないものではないですよ」という意味合いでPSEマークの表示を見かけます。

PSEマークは、この通信販売でその知名度を上げたように思われます。

あるいは、スマートフォンのバッテリー問題でしょうか。
法律で定められているとはいえ、巷にはPSEマークがついていない電気製品は存在しています。
身軽なバッテリーなどは特にそうです。
スマートフォンの修理をメーカー以外に頼んだ時、トラブルが起こり確認してみると、バッテリーのPSEマークが付いていないものだったというケースもあります。

法律が施行されてからもう数年が経ち、当たり前のように日常に溶け込んでいて、普段目にすることはあまりないPSEマークですが、実はもう無くてはならない縁の下の力持ちとなっています。
iphone修理 京都
iphone修理 三宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です