一人で仮免許違反で運転をしての人身事故は不起訴に。

前回までの進捗ですが、
先日警察から呼び出しがあり、行ってきました。
結果、事故自体は不起訴になり仮免許違反のみになりました。
おそらく近々、裁判所から呼び出しがあると思います。

仮免許違反は一般的に、
・運転免許を取得して3年以上の経験者
こちらの条件にあう同乗者が乗っていることが条件であり、
よくある違反は、
・仮免許練習中とわかるように表示
こちらになります。

大きくはこの2点をしっかり抑えた形で練習しないといけませんが、
友人は上記2点を違反し、一人で運転をして事故を起こしたことになります。

仮免許違反の点数は12点の減点と罰金があるようなのですが、
裁判所からの呼び出しの時におそらく略式裁判で罰金は決まるようです。

こちらの記事を書いている当人(自分)はその昔、17歳の時にバイクで無免許運転で捕まっていますが、10代ということもあり罰金は0でした。

一定期間、免許が取れなくなるという話もよく聞きましたが、
その時は一切免許を持っていなかったので大丈夫だったそうです。

友人で原付免許は持っているが当時の中型免許を持っていない友人は、
普通免許の取得が1年伸びていたので、一部の免許を持っているよりは、
全くもっていなかったことがこういった結果になったのだと思います。

仮免許がなくなると、もう一度仮免許取得に向けて教習所に通う必要があるでしょう。

試験場に飛び込みで検定を受けに行くこともできますが、
合格率はかなり低いそうです。

今回はまだこれだけで済んでいますが、
仮免許中に飲酒運転やスピード違反はもってのほかです。
飲酒運転は許されない犯罪です。
犯罪の上に事故なんてしてしまうと周りのいろいろな人に迷惑をかけることになります。

今回の1件で友人も改めて欲しいものです。

次の進捗はたぶん罰金の金額などになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です